樽香とワイン。混ざり合う良き時は?

樽製造に使用されるオーク材、新時にはアロマティックな分子が有り、ワイン熟成に含まれる:バニラ、ココナッツ、スモーク、コーヒー、チョコレート、トースト...

 

これらのアロマによって、ワインに複雑な個性が加わる。新しい木はタンニンをもたらす:エラジタンニンはワインの構造に影響を与える。 これらの要素は、ワインの複雑さと構造を与えるが、またアロマティックさとバランスを壊す可能性もある。素材に欠けているワインを樽の中で熟成することによって、いくらかの「メイク」を望むことはあまり良い方法ではない。ブドウ品種によっては、樽香との組み合わせで残念な結果になる場合がある。

 

得に果実上に開花するアロマティックなセパージュの場合は、アロマを壊すことがある。ソーヴィニヨン·ブランがこの例である。しかし樽の使用は、アロマティックおよびタンニンを与えることに限定されるものではない。また汚染を避けるために、衛生上の厳格な規則によって提供される「1回以上の樽使用」で熟成することも可能である。

 

1回使用樽は、新しい樽に比べ3分の1のアロマとタンニンをもたらすが、本来の価値を保つことができる:得に樽の穴部分の栓は多孔質体であり、わずかな空気が通る。これはワインのタンニンを柔らかくし、色を安定化させ、アロマを進化させ、非常にゆっくりと酸化するメカニズムとなる。また、樽で熟成させることにより、ワインの明確化と安定化を有利にする。樽は、高価な品であり、しばし偉大なワイン製造のために使用されている。