カサ・ロホ:ジルベール&ガイヤールは、貴方をガリシアに誘う

あなたは D.O. リアス・バイシャスをご存知ですか? これは、スペインのガリシア地方のブドウ畑、 ポルトガルの北で大西洋に沿った地域、主な都市にラ・コルーニャとビーゴがあります。地元のブドウ文化の伝統によると、アルマンテーラ(ポンテベドラ地方 、メイス近く)のシトー修道士によって初めて作られたそうです。 もちろん、どこにでもあるように僧侶達のずっと以前に、野生のつるが存在していました。ガリシアのスター的存在であるアルバリーニョ品種は、この地域で生まれたようです。

 

リアスバイシャスにカサ・ロホ:非常に有益な大西洋のテロワール 

スペインワインの試飲で特別な位置を占めているリアス・バイシャスは、ワインのスタイル、新鮮でトニック的な個性は、ミュスカデやアントルドメール等の大西洋の多くのフランスワインに似ています。この土地は有機物に富み、同時に花崗岩と砂の棚田畑の特殊性、白ワインに必要な海からの涼しさがあります。 

 

カサ・ロホ: ラ・ マリモレナがジルベール&ガイヤールを誘惑 

このワインは、伝統的なファミリーのドメイン、カサ・ロホで生産され、EMWグランデス・ビノス・デ・エスパーニャが配布しています。ここのワインの特徴は、ファミリーと気候とルーツの表現だと言えます。世代から世代へと受け継がれブドウを継承することにより、このテロワールとブドウ品種は、新たなモードがあっても生き延びています。目標は、最終的に飲む際に喜びをもたらすワインを作ることです。 賭けは完全に成功しました!

 

カサ・ロホ:ジルベール&ガイヤールによるテイスティング

ラ・マリモレナ2013:ライトゴールド色。香りは、トロピカルフルーツのデリケートなアロマ、フローラルとレモン皮のニュアンスの組み合わせ。口に、非常に新鮮でフルーティー、良好な酸味によって美味しいワインになります。とても暑い午後に最適。 

 

このワインについて、もっと知りたいですか? リアス・バイシャスについて? お問い合わせ下さい!