ティモシー·ダルトン俳優: 「シャトー·ディケム1983は、前例のない品質」

前007ティモシー·ダルトン、2作品のボンドの撮影ロケでもキラーとしてワインをやっつけた。オフの際に、プロダクションと共に、素晴らしく神聖なワインと時を過ごしていた! そしてスターはインタビューに答えてくれた...

 

ジェームズ·ボンドを演じるまでのアプローチを覚えていますか?

ボンドのプロダクションからアプローチされていたのは、私が24歳の時でした! 当時、ショーン·コネリーが再参加しないことを決めた時です。私はこの役のために自身が未だ充分に成長していないと感じたので、申し出を断ることが好ましいと思いました。貫禄も足りなかった。ジェームズ·ボンドは、コマンダーであることを忘れてはいけません。英国では、この特定の年齢以前に、その等級を得ることはあり得ません。そこへ辿り着くまでには戦闘の経験が必要であり、多くの難しい困難を飲み込む必要があります! 時は流れ、アルバート・ブロッコリー氏が再度私の所に来てくれた時は、私はすでに熟していました。私はボンド役に、感性と影を持ち神秘的な雰囲気を試みました。最初は「判りやすく」では無く、「コード化」もミステリアス! 私はまた、スーパーマンでも無いこと、ただ信じられるアクションを望んでいました。おそらく、気絶しそうな女の子のグループに囲まれていなかった理由も、ここにあるのではないでしょうか! 2本の007で、私は同時に複数の女性を追いかけることはありませんでした! 私は、一夫一婦制のボンドです!

 

何故、あなたは3作目を実行しなかったのですか?

私が第3のボンドを実行しなかったのは、新たな監督を18ヶ月間も待つことができなかったからです! 私は心の中で他のプロジェクト、他の欲望、探求する他の芸術分野の発見を望んでいました! それでも、私は今でも、ボンド・フォーエバーであり、作家イアン·フレミングの完全なるファンであり続けます!

 

アルコール、特に「ステアせずシェイクしたボッカ・マティーニ」は、ジェームズ・ボンドの世界には欠かせない。どのようにこの「必要なステップ」と「儀式」を説明されますか? 近年のロスチャイルド47、ピースポーター・ゴルトトレプヒェン53、テタンジェ、ボリンジャー、ドンペリニョンが「ガソリン」であったらしいですね。ウィキーペディアによると、私たちの "あのスパイ紳士は、「彼の冒険にウイスキー101、酒35、シャンパン30を含む317の飲み物と共にあったようですね!

あなたの質問中に、答えがあります。それはスポンサー! だからです。これは、映画のための軍資金です。 例えば、スカイフォールの制作に1.18億ドルの費用がかかりました。プロモーション用に更に2億ドル。私たちはこのお金が必要でした! ハイネケンがなければ、このフィルムは出来なかったでしょう! マティーニは、イアン·フレミングの本中に書いていました。それはスポンサーとは何の関係もありませんでした! ただ彼がこの飲み物を愛していたという理由だけです。ご存知のように、アルコールとワインは、常にフィルムと関連しています。これは、タバコと同じように人材の表現に幅が出ます! 気分、雰囲気を創り出してくれます。よく考えれば、トリプティク=女性+アルコール+タバコ、常にハリウッドでは大活躍です!

 

「007 リビング・デイライツ」と「007 消されたライセンス」のロケセットでは、良いワインを飲みましたか?

このロケセットでは飲んでいません、それは実際にアクションシーンに焦点を当てなければなりませんでした。ミリ単位の正シーンでした! ほんの気晴らしや不注意の瞬間に、自分の人生と他人の命が危険にさらされるわけですから! ボンドのロケで良い事は、常に、ドリーム、豪華なホテル、比類のないクラスのレストランでの撮影。私は、特にプロダクションと共にウィーンでシャトー·ディケム1983を飲んだ事を覚えています。とても素晴らしいワインでした。デザートに、シャンパン・ボリンジャーのマグナムを続け、ああ神よ、私は覚えていないのです。(笑)。ああ、信じられないほどフルーティーなラム酒だった!

 

あなたのボンドは、前任者よりとても真面目な役でしたね。「ファンタジー」ではなかった。あなたがワインについて話す時も、同じアプローチを持っていますね!

ワインは楽しい、喉を通る時などは素晴らしい瞬間です。また社交の場、新感覚のリメイク、感情、経験を交換し、旅行や異なる背景の話のチャンスを与えてくれる。舌は緩められ、魂と心を開いてくれる! 皆さんもご存知のように「ワイン」は「熟成」の仕事であり、多くの時間を必要とすることを忘れてはなりません。これは無視する事のできない大切なことで、最高のワインを得るために、男性と女性の全の鎖により、自分たちの生活と自分の時間を与えているのですから。人によっては、業界の専門用語を使っていますが、私はその言葉はあまり好きではありません。確かにワインメーカーは、経済的にもワインを作ると思いますが、しかしその背後に情熱と良いステップを登るという精神が無ければ、良い結果は得られないでしょう! 私は友人とワインについて語るとき、常にブドウ畑の人々は、ブドウを手でカットし、腰を曲げて作業する姿を心に描いています! 尊敬を持って!

 

あなたは乾杯の際にも敬意を表しているのですか?

もちろん、 女王陛下! (笑)

 

インタビュー: フランク·ルソー


他の記事を見る :

ジェシカ·ラング女優: 「私は、ワインの商標にこだわってはいません。様々な味覚を楽しみたいから」

ジルベール&ガイヤールのアプリを、モバイルにダウンロード!

» iPhone : http://urlz.fr/21mA
» Android : http://urlz.fr/21mF

logo faceook logo twitter logo pinterest logo linkedin logo youtube

雑誌

couverture du magazine du vin G&G

ワインガイド

ワインガイド
application iphone vin Gilbert & Gaillard

ジルベール&ガイヤールのアプリを、モバイルにダウンロード!

» iPhone
» Android

ベスト100 スペイン

スペイン・ワイン試飲の年間ベスト100