ジェシカ·ラング女優: 「私は、ワインの商標にこだわってはいません。様々な味覚を楽しみたいから」

「キングコング」、特にニコルソンと共演した「郵便配達は二度ベルを鳴らす」 の元ヒロインは、フランスについて、ライフスタイルについて、情熱について語って頂きました。大げさでないエピキュリアン(楽天主義)の女優との出会い...

 

私があなたについて存じ上げていることは、あなたはパリで学んだ経験をお持ちですね?

そうです、私は経験豊かな先生エティエンヌ・ドクルーにマイムを習いました。現在はあまり多くはないかも知れないけれどストリートアートです。これは非常に抽象的なものです。私は白塗りの化粧しか持っていませんでした! それは素晴らしい経験でした...

 

なぜパリで?

私はミネソタ州出身です。父の仕事はセールスマンでしたので、常に仕事を変えていました。私達はいつも引っ越をしていました。ジプシーのように。常にどこかに出かけます。常にスーツケースを持って。それは私にとって気になりませんでした。逆に私は、より多くの旅行をするウイルスのように、そわそわし、いつも私のライフスタイルと小さな習慣を疑問視することが必要でした! それに私はいつもの習慣を嫌ってきました。それはワインのようなものです。 私は、ワインの商標にこだわってはいません。様々な味覚を楽しみたいから。舌は別の世界を求め始める。とにかく私は常に世界を旅行し、他者との関係で豊かになれると思っています。ニューヨーク、ソーホーのコミュニティでの生活後、1971年にパリに飛び2年間過ごしました!

 

それが貴方にとって、フランスの高級ワインに出会うチャンスだったということですね!

あなたもご存知のように、フランス人は自分たちの土地、食品、オートクチュール、文化、歴史、伝統、そしてチーズ、もちろんワインを非常に誇りに思っています。彼らは観光客を見るとすぐに、得にアメリカ人には、地元の食材を「売りたい」と思っているでしょう! それを批判することはないですね。だって彼らが誇りに思っている理由ですから! (笑)

私のワイン知識は非常に少なかったようです。いわば、何も知りませんでした。私の味覚は、グラン・クリュについての喜びを得るチャンスがありませんでした。パリの2年間、地元の友人や関係者との食事でワイン界に慣れてきました。私は、フランス人のライフスタイルである、ワインが単なる飲み物ではなく、他の人とコミニケーションを取る方法の一つであることに気づきました。そして過去と現在の間を繋ぐことも!

 

あなたは今65才ですね、まだ新鮮な肌をお持ちですが、その秘密は何ですか、ワインでしょうか?

ほどほどに頂けば損なう事はないと確信しています! 私は最近、赤ワインで発見された、炎症性および病気に対する身体の反応を維持する物質(記事抜粋 : レスベラトロール、化学化合物およびスチルベン、具体的にはポリフェノール)についての研究を読みました。ワイン以外では、自作の有機野菜を食し、時間を無駄にしないようにしています!

 

人生で最も何を恐れますか?

政治、反楽天主義と自分のグラスのボルドーワインを飲みきらない人! (笑)。私から見れば異端です!

 

あなたは写真を撮られることを、お好きではないとのことですが、反対にあなたが写真を撮ることはお好きですね...

そうですね! 私は写真が好きですが、銀塩写真の方法のみです。私はライカM6を持っています。白黒のみで「撮ります」。小型デジタルディスプレイは使用せず、しっかり自分の目で覗き穴から見ています。そしてシャッター音の「クラック」を聞き、手動でフィルムを回し、レンズも手で回転させます。それに私は人との接触を作るのが好きです。私は彼らの認識がないまま写真を取ることはありません。私はウォーカー・エバンス、カルティエ・ブレッソン、コウデルカの写真を収集しています。街で撮影された写真で自分の才能を表現する写真家達です。通りは人生、運動、白と黒の最適な場所。私の一番お気に入りの写真家はウォーカー·エヴァンスです。彼は大恐慌を不死化することによって素晴らしい仕事をしてくれました。当時の数百万のアメリカ人は、偉大なワインを買う余裕がありませんでした!禁酒令時にそのことを知りました!

 

ブドウ畑の中を歩くことを好んでおいでだとか、どこかで読んだような気がしますが?

ええ、私はボルドーが大好きです。街から離れるとすぐにブドウ畑ですから。ワインと私の偉大な愛の物語です。私を失望させない情熱が続くことを望みます。フランスのこの地域に来ると、品質の一貫性があります。美味しいワインの存在、食べ物も健康的でシンプルで気取らないのです。出会った人のように! このすべてが私にとって完璧です!

 

インタビュー 、ロサンゼルス:フランク·ルソー


他の記事を見る :

ティモシー·ダルトン俳優: 「シャトー·ディケム1983は、前例のない品質」

ジルベール&ガイヤールのアプリを、モバイルにダウンロード!

» iPhone : http://urlz.fr/21mA
» Android : http://urlz.fr/21mF

logo faceook logo twitter logo pinterest logo linkedin logo youtube

雑誌

couverture du magazine du vin G&G

ワインガイド

ワインガイド
application iphone vin Gilbert & Gaillard

ジルベール&ガイヤールのアプリを、モバイルにダウンロード!

» iPhone
» Android

ベスト100 スペイン

スペイン・ワイン試飲の年間ベスト100